Top > About_工房

©Nakagawa Gengakki Seisakusho
jp-
About


製作者




製作者の中川浩佑は1980年大阪生まれ

2000年より、Chris Eccleshall氏の工房で楽器製作のクラスを受け、2003年より大阪で中川弦楽器製作所をはじめる

オーダーをされる方とのやり取りを大切にし、共にオリジナル楽器をつくる事を大切にしています。

製作活動の他、自作のエオリアンハープや9 弦ギターなどでのパフォーマンス、作品展示を行っている。


主な活動として

2004年、「A chance to cut is a chance to cure」(SUMISO, 大阪)にてInOjaQ のサウンドインスタレーション楽器製作(エオリアンハープ) 担当。

2010年、自作の楽器で演奏するユニット「黄土ソックス」結成。

2011年3月、gallery yolcha(中崎町 大阪)にて弦楽器と木版画の展覧会「オルボシュ山の一夜」。

2011年、自作のエオリアンハープで風の音と環境音を記録する「Wind Collecting Project」開始。

滋賀県のセトレマリーナびわ湖・風の音(芦澤竜一設計建築事務所・2012年)にて音響設計協力、エオリアンハープの楽器建築のプロジェクトに関わる。

2015年9月、六甲ミーツ・アートにエオリアンハープの音響彫刻「ヤマカゼボッチの弦楽器」を発表。彫刻の森美術館賞受賞。

2016年、ヘッドレスギターNOHを発表。コンパクトなコンセプトでなく、アコースティックな響きをもつセミアコースティック設計で多様なオーダーに対応する。


沿革



当工房は2003年から大阪の堀江、かつては道頓堀川河口に貯木場や木材商が多くならんでいた川沿いの倉庫でスタートしました。

その後、場所を移し、2012年初秋から阿倍野区に工房を構えました。

主にギター、ベース、マンドリンなどをはじめとする楽器のオーダー製作、修理をおこなっています。

平行して、風で音を奏でるエオリアンハープを楽器として製作し、自然の風を自然の恵みから作った楽器で音にするプロジェクトをおこなっています。

ギターなどの弦楽器もエオリアンハープも、木や自然を、楽器をとおして、その音から感じてもらえるような製作をこころがけています。